NEWS お知らせ

羊の皮をかぶった狼?

IMG_2055.JPG

フォーマルなシーンによく似合うエレガントなボディを身にまとい・・・でも中身はクアトロシステム&2.7リッターV6ツインターボで武装したA6最強モデルの2.7Tです。「最強」と言ってもけしてスパルタンな仕上がりではなく大人4名のフル乗車でも快適な移動空間を提供をしてくれます。
そんなマナーがいい2.7Tも一旦ムチをいれると「最強」の部分が顔を 覗かせます。でも故障により本来のパワーが出ていないとしたら・・・羊の皮をかぶった「狼」ではなくなってしまいます。

IMG_2041.JPG

今回、悪さをしていたのは矢印のインテークホースです。このホース・・・よく裂けるんです!
CAM’Sでは数え切れない程の交換をしましたね。パーツ代は3000円弱、工賃は5000円です。

IMG_2042.JPG

取り外したホースです。一見すると異常が無さそうに見えますが・・・実は・・・

IMG_2044.JPG

このように裂けてました・・・こうなってしまうとセンサーで検知した吸入空気量と実際に入った吸入量に違いが出てECUが「なにかおかしいぞ」と判断しエンジンを守るためブーストをカット!
こんな具合で本来のパワーが出なくなってしまいます。

%EF%BD%BE%EF%BE%9D%EF%BD%BB%EF%BD%B0.JPG

このA6の場合、もう一つ悪さをしているパーツがありました・・・S4の時にもご案内しましたが
上の画像の「エキゾースト・ガス・テンプセンサー」 今回は黒い方のNo,2がダメでした。
これって高いんだよね・・・無事に修理が終わり「狼」に相応しいパワーを取り戻しました!
同型エンジンを搭載しているS4やオールロードクアトロにも注意が必要です。
オーナー樣自ら行なえる簡単なチェック方法をご案内いたします。

IMG_2050.JPG

新しいホースに交換後の画像です。矢印あたりからホースの下にかけて触ってみてください。
手がベトつく感じがしたり、油汚れがついたら亀裂が入っている?と疑ってください。交換前のホースはかなりベトベトしてました。4枚目の映像でもなんとなくわかると思います。もちろんGOOSEに持ってきていただければ確認させていただきます。

※本文中の「A6最強」の表現はあくまでも個人的主観に基づいております※

お電話でお問い合わせ0120-315-610 Webからお問い合わせ

 


カテゴリー: Audi アウディ整備・修理事例, BLOG | 投稿日: | 投稿者:

webお問い合わせ 電話番号