NEWS お知らせ

よくある整備についてご紹介します。 PART1

車検でお預かりのオールロード2.7Tのトランスファからオイル漏れの修理前写真です。
オールロードに限らずQuattroのオーナー樣は経験されてご存知かもしれません。触媒が邪魔して
作業効率はあまり良くないです。とくに走行後すぐの車は熱くて大変です。
待っている間に・・・というわけにはいきませんのでご了承ください。

IMG_1835-1.jpg

トランスファの後のシールからギアオイルが漏れて雫になっています。(矢印部分)これでは車検は通りません。
プロペラシャフトを外しトランスファ側のシールを2つ交換します。ピンクの線は作業前に入れたマークです。
回転する部分なので必ず同じ位置に組付けます。そうしないとバランスが狂い振動が出たりします。

IMG_1838.JPG

プロペラシャフトは六角ボルトで6箇所固定されています。下の矢印です。まずはここから緩めていくのですが
かなり強いトルクで締まっていますので「ズルっと」やらないように気をつけて・・・。
次に中心のトルクス(星型)ボルトをはずすと・・・

IMG_1843.JPG

トランスファの中心からギアオイルが漏れ出てきます。もちろん最後に補充します。約1リッターはいります。
お気づきになった方もいらっしゃると思いますが画像2枚目からA4Quattroに変わっています。
マフラーが一本なので手が入りやすく整備性はいいです。

IMG_1841.JPG

ゴム製のシールを交換します。矢印のパーツです。

IMG_1842.JPG

裏返してこちらのシールも交換します。2つ合わせて\7000ぐらいです。新品のシールを取り付けて
元どおりに組みなおしギアオイルを入れたら終了です。モデルによっても違いますが 約1時間半の作業です。
Quattroのオーナー樣! 駐車場にオイルのシミがあったらまずこれを疑ってください。
車の中心ぐらいにあればトランスファです!ご相談は経験豊富なお気軽にどうぞ!


カテゴリー: Audi アウディ整備・修理事例 | 投稿日: | 投稿者:

webお問い合わせ 電話番号