NEWS お知らせ

【フォルクスワーゲン】3Dプリント技術で部品を大量生産へ

おはようございます!Apple 新型の「iPhoneXS MAX」への物欲がマックスな「cam’s factory」広報チームの高橋です。
「大は小を兼ねる」と言いますが、やはり時代は「6.5 インチ」ディスプレイなのでしょうか?

さて、本日は「フォルクスワーゲン(Volkswagen)」が 3D プリント技術を利用して、部品を大量生産をする方向とのニュースを紹介させていただきたいと思います。


そもそも「3D プリント」とは

【フォルクスワーゲン】3Dプリント技術で部品を大量生産へ
(出典:https://response.jp/article/2018/09/12/313922.html

「積層造形技術」のひとつで、3DCAD のデータ(STL データ)をもとにして、スライスされた 2次元の層を 1枚ずつ積み重ねていくことによって、立体モデルを製作する技術です。

スタートアップ企業など、小ロットな開発現場やカスタマイズパーツなどでは重宝される技術だと思っていましたが、「大量生産」として採用がされるとは・・・逆転の発想をすると、それに耐える程のクオリティが担保されたということですので、それもまた凄いことだと思いました。

なお、この 3D プリント技術を使って部品の大量生産に乗り出すというのは、自動車メーカーとしては初めてとのことです。


では、具体的にどの様な使われ方がされるのか

ヒューレット・パッカード(HP)社の最新 3D プリント技術である「HP メタルジェット」を導入することにより、金属部品を 3D プリントで造形できるようになると同時に、現在の 3D プリントに対して最大で 50 倍ものスピードアップが可能になるそうです。

フォルクスワーゲンでは、この 3D プリント技術を「シフトレバー」や「テールゲート」、「エンブレム」、「キー」、「カスタマイズ・アイテム」などの生産に導入する予定とのこと。

また、大型の部品へもこの技術を使った生産計画を掲げており、「将来はサッカーボールくらいのサイズの部品を、年間で 10万台の車両に対して生産する」としております。

製造サイクルが早まるだけではなく、最適化も促進されそうですね!


HP メタルジェット・テクノロジー動画

それでは HP メタルジェット・テクノロジーのオフィシャル動画を見ていただきましょう!



ボルボ・アウディ・ワーゲンのことならCAM'S FACTORY

ボルボ・アウディ・ワーゲンの事なら何なりと横浜市の専門店にお問合せ下さい!
あなたのお悩み、お困り事を解決いたします!

お電話でお問い合わせ0120-315-610

(9:30~19:00 日祝 10:00〜19:00 月曜休)