NEWS お知らせ

【新型VWポロ】8年ぶりのフルモデルチェンジ

こんにちわ、遅ればせながら「今野敏」小説にハマった「cam’s factory」広報チームの高橋です。

8年ぶりにフルモデルチェンジした VW(フォルクスワーゲン)「ポロ」が発表・販売されましたね!

初代ポロは 1975年にセンセーショナルに登場し、全世界で「1,400万台以上」も販売され、ワールド・カー・オブ・ザ・イヤーを獲得したそうです。

日本市場でもコンパクト・サイズや安全性、デザインが評価され、シリーズ累計販売台数は「25万台」を超えているとのこと。
人気機種だけに当然、新型ポロにも注目が集まっております。


新型 VW ポロ

新型 VW Polo(ポロ)
(出典:https://response.jp/article/2018/03/20/307443.html

↑とにかくこちらの写真をご覧ください。
おしゃれなデザインですよねぇ。「オレンジ」という配色も心をくすぐりますが、なによりも「ポロらしさ」を継承している洗練されたデザインにうっとりとしました。

もちろんデザインだけではなく、先代と比較して

  • – 全長 65mm 拡大
  • – ホイールベース 80mm 延長
  • – ラゲッジルーム 71リットル拡大

と、ポロの魅力でもある「取り回しの良さ」といった点でも、大幅なアップグレードがなされています。

↑これを支える技術としてコンパクト・クラスで初採用されたという「MQB」の存在は欠かせないのではないでしょうか?


MQB とは?

「MQB」とはドイツ語でモジュールキットを意味する「Modulare Quer Baukasten」の頭文字をとったもので、英語で表現すると「Modular Transverse Matrix(モジュラー・トランスバース・マトリックス)」いう意味合いです。

要するに VW のモジュラー化戦略のことで、主要コンポーネントのモジュラー化をすすめ、開発、生産効率の向上させる狙いです。

これにより、部品の共有化、主要技術の共有化、最高水準の強度確保が可能となるそうです。


新型 Polo コンセプト・ムービー

最後は VW オフィシャルのコンセプト・ムービーをご紹介してお別れです。

タイトルは、、、

「カワイイだけで、生き残れる時代じゃないから。」

https://www.youtube.com/watch?v=cS4ZtdkgMQE



ボルボ・アウディ・ワーゲンのことならCAM'S FACTORY

ボルボ・アウディ・ワーゲンの事なら何なりと横浜市の専門店にお問合せ下さい!
あなたのお悩み、お困り事を解決いたします!

お電話でお問い合わせ0120-315-610

(9:30~19:00 日祝 10:00〜19:00 月曜休)