NEWS お知らせ

VOLVO V40 の板金塗装修理の事例

こんにちは、塗装を担当している小谷野です。今回は凹んでしまったボルボV40の修理を紹介していこうと思います。

 

 

 

 

リヤゲートの下部をぶつけてしまったようで大きく凹んでいます。

ただ、このような損傷でもパーツは交換する事なく鈑金で修理できます。

では作業を始めていきましょう。

 

 

 

まずは凹んでしまった箇所をハンマーやドリー(当て板)などを使って、鉄板を直していきます。

綺麗にラインを整えたらパテを付けて平滑に研いでいきます。

プレスラインは丁寧に整えていきます。

 

 

 

パテ面が平滑に決まったら、次はサフェーサーを吹き付け良く乾燥させます。

どんな作業にも下地作りが大切です。

 

足付け作業の後、塗装ブースに移動します。

マスキングを施したらいよいよペイントに入っていきます。

塗装ブースの中とはいえ、埃や油は大敵です。

しっかりと環境を整えてから作業しました。

 

 

塗装が終わったら高温で良く乾燥させます。

 

 

取り外したパーツを元通りに組み付けたら完成です。

艶も良くプレスラインも自然に仕上がり、どこが損傷していたのか全くわかりませんね。

今回も綺麗な仕上がりになりました。

 

 

洗車や室内清掃を済ませてご納車になります。

この度はどうもありがとうございまいた。

 

 

 

 

 

 

 



ボルボ・アウディ・ワーゲンのことならCAM'S FACTORY

ボルボ・アウディ・ワーゲンの事なら何なりと横浜市の専門店にお問合せ下さい!
あなたのお悩み、お困り事を解決いたします!

お電話でお問い合わせ0120-315-610

(9:30~19:00 日祝 10:00〜19:00 月曜休)

test