NEWS お知らせ

ボルボXC70 ATFオイル交換で結果はいかに!

今週はすっかり秋の気配が漂い、肌寒さを感じるようになりましたが、こんな時こそ体調を崩してしましますので体調管理には充分ご注意下さい。

さて、最近感じることがありまして、コツコツ進めておりますATオイルの交換についてドライバーの方々に少しずつ浸透し始めてきたようです。それがオートマに関しての不具合、ご不満が相当になるのだなと、改めて感じ始めております。

また、施工後に頂く評価でも大多数の方から満足をいただき、実は本日もアウディのオーナー様から大変なお声をいただき、もっと早くやれば良かったと言っていただきました。

その様な中、今回も新たな施工を行っておりまして、2014年式ボルボXC70で走行数が63000KmのATF交換を実施たしました。

ATF交換の場合にはストレーナー(フィルター)の交換を必要としますが、このXC70の場合にはそれがなく費用面でも低く抑える事が出来ます。

写真の中央にある丸い形状のドレンボルトを外しオイルを抜き、その抜いたオイル分だけ充填となります。

注入にはこのチェンジャーにより圧送で充填となりますが、気になるATF交換後のミッションの様子ですが、このボルボXC70とかS80のBB6304Tエンジン搭載車の場合、2速から1速に落ち再発進でアクセルONした際のショックが出て来る特徴があります。

オイル交換後にはこのショックは完全ではないですが、確実に軽減され、シフトアップ時もソフトでスムーズとなったなと感じる事が出来ます。また走行時の音も静かになりましたし、しばらくは走る毎に改善が進むことが期待できます。

実はこのオイル交換の他にもエンジンの内部洗浄も行いました。

燃料系統、噴射ノズル、燃焼室のカーボンを取り去り、エンジンオイルラインの洗浄により、6気筒エンジンの吹け上りとパワーの改善も出来ています。驚くほどのパワーもあり性能も良いエンジンとだ改めて感じる事が出来ました。

同じオイル交換でも、エンジンオイルと比べATF交換は確実に体感できる点もあり、効果が判りやすく、くるまの走行性能が違ってくる、さらに故障予防も加わったりと良い点ばかりだと思います。

武藤でした。

 



ボルボ・アウディ・ワーゲンのことならCAM'S FACTORY

ボルボ・アウディ・ワーゲンの事なら何なりと横浜市の専門店にお問合せ下さい!
あなたのお悩み、お困り事を解決いたします!

お電話でお問い合わせ0120-315-610

(9:30~19:00 日祝 10:00〜19:00 月曜休)