NEWS お知らせ

Volvo Museum (ボルボ博物館)へ Go !!

”くるまの愛好家に安心、満足、喜びを提供する”cam’s factory 広報チーム担当・麻生です。

GW中、麻生はボルボ博物館を訪ねていました!
と言っても、リアルではなく、ヴァーチャル訪問なんですれど^^





1927年のVolvo創業からのVolvoの歴史、Volvoの乗用車からバス、トラックから船舶用エンジンや戦闘車、建設用重機まで、ありとあらゆるVolvoの製品を見学することができるんです。

ボルボ博物館があるのは、スウェーデンの首都ストックホルムに次ぐ第2の都市、ヨーテボリ(イエテボリ)Göteborg (英:Gothenburg)。

ヨーテボリはくるまを産業として発展した歴史があり、現在でもボルボの本社があることから”ボルボの街”と言われています。

実際には、ヨーテボリの郊外に位置しており、バス・トラムにて約40分ほどでアクセスできます。




 

ボルボ博物館には、クラシックカーから現代車まで非常に多くの車が展示されており、Volvo愛好家にはたまらなく魅力的なスポットです。

では、そのほんの一部ですが、画像でご覧ください。

 

ボルボ博物館前に展示されているビンテージカーの数々。

 


”安全なくるま”を企業理念とした1927年の最初のVolvoカー!




1956年 VOLVO P1900

 

1970年代のVOLVO240


ボルボ博物館は1995年に開館されましたが、そのコレクションは成長を続けています。

そして、ボルボはボルボでも、レゴで作られた等身大サイズのくるまもあるんですよ!!



 

ボルボ博物館には、もちろん、ミニカーやロゴ入りのキャップなどのお土産グッズもあります。


 

1時間くらいの余裕をみれば、十分に展示物を見学できるようです。

ちょっと疲れたら、サンドイッチやクッキーをお供に一息つけるカフェも併設されています。
そして、年間を通して、様々な楽しいイベントも開催されています。

最後にボルボ創業当時の貴重な映像をご覧ください!!(下の画像をクリックしてくださいね)




ボルボ・アウディ・ワーゲンのことならCAM'S FACTORY

ボルボ・アウディ・ワーゲンの事なら何なりと横浜市の専門店にお問合せ下さい!
あなたのお悩み、お困り事を解決いたします!

お電話でお問い合わせ0120-315-610

(9:30~19:00 日祝 10:00〜19:00 月曜休)