NEWS お知らせ

エンジンオイル交換(まとめ)

”くるまの愛好家に安心、満足、喜びを提供するcam’s factory広報チーム担当・Falconです。今週は夏日の連続のようですね。みなさまいかがお過ごしでしょうか?前回まで、エンジンオイルの長い説明をさせていただき、なぜオイル交換一つとっても大事なのか触れましたが、その続きとなります。前回、信用出来る整備士お店選びが必要という事を少し書きましたが一を知って十を知るではないですが単純なオイル交換でも、どれだけ気をつけているかという事です。オイル交換とオーダーを受けて、せっかく下廻りが見れるのにオイル交換のみしか出来ないというのは、どういう事か?考えてみましょう、、、オーバーワーク、会社の施政、整備士のスキル、整備士の気遣い、、、などなど、色々ありますね?どれをとっても、結果お客様には関係ない事です、お客様の立場からしたら、オイル交換を問題なくするのは当たり前、ですが少し考えてみると、リフトに上げて下廻りが見れるのですから必要以上には別として見れる範囲はみて異常が発見されたら良い事です。逆に整備士の立場から見てみましょう。全ての整備士に当てはまりはしないですが私も整備士経験があり、私の場合、仕事が詰まっていてもリフトに上がった車を見ていると「あーオイル汚れてるなぁ、前回交換から◯◯㎞かぁ、金属粉もないから大丈夫かなぁ」から抜けきるまでに新しいオイルの用意をし下廻りを見て下廻りの傷やゴム製品のひび割れ、ショックアブソーバーのオイル漏れ、マフラーの腐食などみていました。整備士の仕事は確認作業なので、異常がない分には問題ないので、それでいいのです。

オイル交換のまとめとしては、通常使用においては、

高いオイルを長い距離、長いスパンで交換するより必要なクオリティの安価なオイルをこまめに交換する。

信頼できるお店、整備士に頼む。

このあたりになると思います。次回のオイル交換の時は「下廻りはどうでした?」と聞いてみても良いかと思います。

 



ボルボ・アウディ・ワーゲンのことならCAM'S FACTORY

ボルボ・アウディ・ワーゲンの事なら何なりと横浜市の専門店にお問合せ下さい!
あなたのお悩み、お困り事を解決いたします!

お電話でお問い合わせ0120-315-610

(9:30~19:00 日祝 10:00〜19:00 月曜休)