NEWS お知らせ

パサート・ヴァリアント (3C)  リアブレーキパッド&ローター交換

 パサート・ヴァリアントのリアブレーキパッドとローターを交換しました。

無題

外したパッドは内側がかなり磨耗しており、磨材を通り越してパッドのリベットにまで達していました。

DSCN3037

パッドのリベットとローターが金属接触を起こして削れてしまっています。ここまで削れてしまっていると、ブレーキを踏んだときに「ゴォー、ゴォー」と音が出たり、制動力も低下していますので、大変危険です。

DSCN3032

新しいパッドには低ダストタイプのTYPE Mを、ローターにはスリットが入ったSDタイプのローターをそれぞれチョイスしました。今回は既にフロントに正スリットのローターが入っているため、見た目の前後バランスも考えて正スリットで取り付けを行いました。

ブレーキパッドの磨耗はなかなか気づきにくいものです。安全な状態を維持する為にも、定期的な点検をおススメします。因みに、弊社では無料の6ヶ月点検や、おもとめ易い点検料の12ヶ月点検を実施しています。気になった方はお気軽にお問い合わせ下さい。

 神奈川・横浜・港北 フォルクスワーゲン専門ショップ

車検・修理・故障に親切・丁寧に対応します。

お電話でお問い合わせ0120-315-610 Webからお問い合わせ

 



webお問い合わせ 電話番号