NEWS お知らせ

ボルボV70R-AWD往年の姿によみがえる復刻作業開始!|ボルボ横浜

作業に先立つリニューアルプランの設定
今回も含め”復刻車つくり”に入る前にはどのような内容で進めていくのか、どの程度のパーツ交換まで必要なのか等々のリニューアルプランを立てることになります。

先ずはリフトに上げたところでサスペンション系、排気系、ブレーキ系、マウント系統の現状状態のチェックを行います。例えば、ブレーキ系ではブレーキパット、ディスク共にニューパーツへの交換は勿論となりますがその他のヵ所についての不具合箇所を洗い出した上で必要交換パーツ及び作業費用を見積もっていくことになります。

IMG_2579      IMG_2580

このプラン設定ではメカニカルな部分とボディの外装、内装等に分けて進めていきそれらが整理できた時点からいよいよ作業へと進めることが出来ます。

それにしてもかなり汚れていることがよく判りますね。

作業は少しずつ進めることになります!
くるま全体のリニューアルプランが出来上がり90年代のボルボを愛するエンスージャストに向け販売する”復刻車”の新たなベース車のブルーパールエフェクトカラー”V70R-AWD”がその作業を開始いたしました。

IMG_2597      IMG_2598

とは言っても、当たり前のことですが通常のお客様のお車が最優先となりますので集中して取り掛かることが出来ません。
それこそコツコツと進めることになりますが、最初は作業範囲が広く時間の掛かるボディから作業を始めていきます。

ボディの作業手順としては、ボディに取付いているバンバーの取り外しから進めることになりますが、外しただけで車の雰囲気がこんなにも変わり果ててしまい長年の汚れがあらわになってしまいます。

徹底した分解作業は広範囲に!
分解作業は始まったばかりでフロント及びリヤの一部分のみとなりますが、写真で見えているサイドのガラス等も外す必要があります。ところがこのガラスを外すこともかなり大変で、接着剤で張り付いている為に簡単には外れません。
その方法は、鋼鉄製のピアノ線をガラスの隙間より通し接着剤をそのピアノ線で切り取って剥がすこととなりかなりの重労働となります。

その様子はまた進んだところで見ていただけますが、何とか着工に漕ぎ着け”復刻車作り”が始まりましたので、その様子紹介を進めてまいります。


ボルボの事なら何なりと横浜市のボルボ専門店にお問合せ下さい!
あなたのお悩み、お困り事を解決いたします!
http://camsfactory.jp/
フリーダイヤル0120-315-610
TEL045-531-2221

 

 


カテゴリー: 販売・スタッフブログ | 投稿日: | 投稿者:

webお問い合わせ 電話番号