NEWS お知らせ

アウディA3 車検整備 ドライブシャフトブーツ交換

アウディA3(8P) 車検整備でお預かりしました。

a1

右側ドライブシャフトのインナーブーツとアウターブーツが切れていたのでブーツ交換させて頂きました。

a2

ドライブシャフトブーツはエンジンからの回転をタイヤに伝える為のシャフトの間接の役目をするジョイント(可動部)のゴムブーツです。

可動部には動きやすいようにグリスが塗ってあり、そのグリスが飛び散らない様にするのと内部にゴミや水が入らない様にブーツが付いています。

そのドライブシャフトブーツはゴム製なので経年劣化で切れてると内部のグリスが飛び散りますので、車検に通らないだけではなく、危険ですし、更にそのままの状態が続くと最後にはグリス分が無い状態でジョイント部(可動部)を動かすことになり、ジョイントを痛めてしまいます。最悪はドライブシャフト自体の交換が必要になり思わぬ出費になる事があります。

車検時以外にも12ヶ月点検でもドライブシャフトブーツは点検しますので、12ヶ月点検の実施もおススメしています。

a3

交換は純正部品 (1K0498203、1K0498201C)を使用して交換しました。

この度はご利用いただきありがとうございました。

神奈川・横浜・港北 アウディ専門ショップ
車検・修理・故障に親切・丁寧に対応します。

お電話でお問い合わせ0120-315-610 Webからお問い合わせ

 



webお問い合わせ 電話番号