NEWS お知らせ

サーモスタット

予告のとおり今回は「サーモスタット」です。サーモスタットの交換と言うとオーバーヒートを想像しますが
今回の原因はオーバークールです。なんらかの原因でサーモ(以下省略させていただきます)が
開きっぱなしになり水温が上がらない現象です。

s-DSC01991.jpg

車はアウディA4 2.0SEです。サーモはどこ?オルタネーターの斜め45度下にあります。
お笑い3人組みではありません・・・(違うかっ!) 大変失礼しました。
サーモにたどり着くためにはオルタネーターを取り外します。

s-DSC01992.jpg

インマニに包まれるようにサーモがあります!黒いプラスチック製のハウジングの中にサーモ本体がいます。
ちょうど画像中央です。

s-DSC01994.jpg

取りはずし完了!赤い液体はLLCです。状態はいいですね。

s-DSC01995.jpg

並べました。下は外したサーモハウジングです。水アカも見えますね。ふってみると「カラカラ」と音がします。
それでは分解してみましょう!

s-DSC02010.jpg

出てまいりました!サーモ本体♪解りにくいのでアップにします。

s-DSC02011.jpg

中心にあるのがセンサー。このセンサーはサーモの異常を故障コードとして残すためのものです。
右に転がっているパーツは弁です。おそらくセンサー、弁も問題ないでしょう・・・では今回の原因は・・・

s-DSC02013.2.jpg

そう!ハウジングです。弁を固定するためのガイドが折れています。これでは開け閉めできません。
ハウジングのみパーツがあれば安く修理ができますが・・・それが無いのです。メーカーさん!考えて!
このパーツは19,400円もするのです!ビックリしますね!でも交換しないと直りません。
オーバークールは水温が上がらないので燃料噴射量も多めになりがちです。
燃費の悪化やエンジン内部(特に燃焼室)の環境悪化につながります。
またエマージェンシーモードとして電動ファンが回りっぱなしになりモーターやバッテリーに負担をかけます。
オーバーヒートほどの危機感はありませんがいいことは何一つありません。
簡単な見分け方法は高速などで水温計が下がってきます。
このような現象があるならお早めにカムズファクトリーまでご相談ください!


カテゴリー: Audi アウディ整備・修理事例, BLOG | 投稿日: | 投稿者:

webお問い合わせ 電話番号