NEWS お知らせ

アウディA6(C6) 冷却水漏れ修理

 冷却水が減るので修理の為にお預かりしました。

A6_1

漏れの原因箇所はVバンクの谷底でした。
サーモスタットの接続されるパイプのパッキンから漏れていました。

A6_2

ここから漏れた冷却水が谷間に溜まり、エンジン前側から溢れ出ていました。

A6_3

この原因のパッキンにたどり着くまでに、その上部又は周辺に付いている部品の脱着が必要なのですが、プラスチック製部品やゴム製部品が多いので、それも経年劣化していて再使用できなかったり、今後の為に予防的に交換した方が良い物が多くあります。

A6_4

サーモスタットは内部で弁やスプリングを固定している爪が劣化で欠けていて、持ち上げたらバラバラに分解されました。
今回の冷却水漏れで外すことが無かったら、近いうちにオーバーヒートやオーバークール等のトラブルが発生していた可能性あります。( ̄ー ̄; ヒヤリ。

A6_5

冷却水関係以外にも予防的にオイル系やガソリン系のパッキンも同時に交換しました。
インテークマニホルドを外してVバンクの谷間を見る事は簡単に出来ませんので出来ることは実施しました。 また数年間は、この周辺に関するトラブルの心配はありません。d(-_^)good!!

v70_6

この度はご利用いただきありがとうございました。

A6_7

お電話でお問い合わせ0120-315-610 Webからお問い合わせ


webお問い合わせ 電話番号