NEWS お知らせ

オールロードクワトロのタイミングベルト交換作業

2011.06.28.01.jpg

1、唐突に車の前部を外した画像ですが、お車は何か判断できましでしょうか?
じつは車はオールロードクワトロです。すでにフロントバンパー、ライトを外し、車種を充てることが難しい
状態ですが、タイミングベルトの交換作業で入庫をされています。

今回はこのご紹介です。

2011.06.28.02.jpg

2、エンジンの前のラジエター、クーラーコンデンサーなどを取り付けているコアサポート部ですが、本来
はこの部分をそっくり外したいところです。
ですが、それは費用がかさみオーナー様負担となって修理費用が膨らみます。
確かに作業者はそれを望むでしょうが、その希望は粉砕しています。


2011.06.28.03.jpg

3、丁度時を同じくしての作業がかさみ、隣のオールロードもやはりタイミングベルト交換を行い終了した
ばかりです。タイミングベルトの構造上、突然切れた場合には相当なハンデを負うことをオーナー様はよ
くご存じで、このように事前の対策をされております。

2011.06.28.04.jpg

4、V6 2.7Lエンジンの正面からですが、少し撮影をさぼってしまったせいかすでに作業が順調に進み
完了しております。円内が今回作業ヶ所のタイミングベルトとウオーターポンプ部となります。実際作業
はプーリー等も同時交換となりエンジン全部がほとんど外れた状態になります。

2011.06.28.05.jpg

5、円内が交換したタイミングベルトです。このベルト一本で左右ヘッドのクランクシャフトの駆動をさせて
いる為に、もしも切れた場合には完全に走行不能となり非常に危険な状態になってしまいます。
また、費用もレッカー搬送などが当然考えられます。長くお乗りになる場合には早め目の処置をお考え
いただいた方がよろしいと思います。

2011.06.28.06.jpg

6、今回の作業には同時に部品交換をしたものがこれだけあります。ウオーターポンプ、テンションプー
リー、アイドラプーリー、テンションダンパーです。これらはセット交換パーツとなり個別作業よりも格段に
費用対効果があります。


2011.06.28.07.jpg

7、同時作業で交換したファンベルトをよく見てください、すでにヒビが入っていつ切れてもおかしくない
程の状態でした。今までよくがんばってくれたものです。でも、これで安心です。

2011.06.28.08.jpg
8、このパーツは、サーモスタットでラジエター液の温度により冷却水の流れをコントロールする役目をし
ます。これも今回の同時作業に含まれて交換となります。
これで一連作業が完了しオーナー様には相応のご負担となりましたが、代わりに不安なくお乗りいただく
ことにもなります。ぜひぜひ、安全ドライブで。

お電話でお問い合わせ0120-315-610 Webからお問い合わせ

カテゴリー: Audi アウディ商品取付事例, BLOG | 投稿日: | 投稿者:

webお問い合わせ 電話番号