NEWS お知らせ

VWのESPランプ点灯

雨や雪の日・・・スリップして「ヒヤッ」とした経験はありませんか?
滑りやすい路面でトラクションを確保しセーフティドライビングのためにはESPが欠かせません。
ESPが故障するとメーターの中に〇の中に▲マークのランプが点灯します。(黄色のランプです)
点灯してもほとんどがブレーキランプスイッチの故障ですが、そうでない場合は・・・

IMG_1954.JPG

一旦エンジンを切るとランプが消えて正常に戻る事もあります。何度やっても消えなくなってしまったら・・・
CAM’Sまでご相談ください。テスターに接続し故障コードの呼出をして加速度など計測します。
今回は「ラテラルアクセレーションセンサー断線」と、加速度-20m/S2とありえない表示が・・・
確か静止状態で-0.5m/S2から+0.5m/S2範囲内が正常だった記憶しています。
残念ながらこの数値は断線に間違いないです。

IMG_1933.JPG

原因はこのパーツです。金属のステーにセンサーが2つ・・・オレンジ色した「ヨーレートセンサー」と
その下に「ラテラルアクセレーションセンサー」があります。 画像ではステーに隠れています。
次の画像をご覧ください。

IMG_1932.JPG

小さい黒い箱がそうです。この2つ・・・いいお値段します。交換しか方法がないのが頭痛いですね。
両方交換するとパーツ代で11万円 !!えーっ!なんて高いんだ!こんな小さな箱なのに・・・
箱の大小は関係ありませんが思わず叫びたくなります。CAM’Sでは2つ同時に交換せず
安価な「ラテラルアクセレーションセンサー」から交換して1週間ぐらい様子をみてもらってます。
というのは少し時間を置くとESPランプが消えてなおる場合があるからです。
それでもなおらない場合は「ヨーレートセンサー」の交換になります。と言っても7万円オーバーのパーツです・・・
ご相談いただければ中古パーツも探しますよ。ご連絡お待ちしております。

お電話でお問い合わせ0120-315-610 Webからお問い合わせ

 



webお問い合わせ 電話番号