NEWS お知らせ

今週の入庫車両 RS6アバント 東京都K様 KW車高調&AW取り付け

今週の入庫車両は以前電装系のトラブルでご入庫頂いたK様。(リレートラブル)電装系のトラブルは修理完了致しましたが、「純正DRCの足回りが酷くてしょうがない」とのご相談。DRCとは、(ダイナミックライドコントロール)油圧でショックのバンプ等をコンピューターでコントロールする装置がついています。お客様からお預かりして、試乗すると、確かにショックの動きが正常ではない事が確認できました。例えるなら、ショックの抜けた足回りのような感じで突き上げ感が酷く、新車時1200万円の乗り味とは思えませんでした。肝心のKWのサスは本国オーダーで納期1ヶ月との事でしたが、ご入庫日を合わせていただき、部品の方が到着しましたので、入庫していただきました。

RS61.jpg

リフトアップして、サスペンションの交換作業に入ります。問題はDRCの取り外しが厄介かと思われましたが、蓋を開けてみるとなんて事はないA6のサスペンションに毛が生えた程度の物でした。

RS6.jpg

これが取り外したフロントの足回りです。造りはA6と変わりませんが、ショック自体にDRCの作動油が行き来するパイプがあります。車体側のその部分をメクラをして、ショックを取り外します。

RS62.jpg

これが、DRCのリア側のバルブです。ここの部分にメクラをして、油圧の動きをシャットアウトします。

RS64.jpg

これがメクラ蓋をした状態のユニットです。作動油が出ているのがお分かりでしょうか? ちなみに、純正の足回りを新品交換するとKWのVer3が2セット分位の価格が致します。

RS65.jpg

取り付けが完了して、4輪アライメントです。純正1インチアップの20インチのAVST-5が決まってかっこいいです。

RS66.jpg

アライメントの調整も完了しテスト走行を繰り返しながら、最後はハンドルセンターの調整を行い作業完了です。今回の作業はまず、部品到着まで、日程が掛かったのと、DRCサスペンションの取り外し項目が追加作業になっていますが、それ以外は通常料金です。

RS67.jpg

テスト走行を行いましたが、以前あった落ち着きの無いサスペンションとは全く違う、しっとりとして、コーナーでもバタツキ感も無くとても良い乗り味に激変しました。同じ様な症状でお悩みのRS6オーナーは多いかと思いますが、正直お奨めです。

 


カテゴリー: Audi アウディ商品取付事例, BLOG | 投稿日: | 投稿者:

webお問い合わせ 電話番号